photo
    (最終更新日:2017-04-27 16:34:48)
  カタヤマ アキヒサ   Akihisa Katayama
  片山 明久
   所属   京都文教大学  総合社会学部 総合社会学科
   職種   准教授
■ 学歴
1. 1980/04~1983/03 京都府立大学 文学部 文学科文化史学専攻 卒業
2. 2009/04~2011/03 同志社大学大学院 総合政策科学研究科 公共政策コース 修士課程修了 修士(政策科学)(第934号)(政策科学)
3. 2011/04~2014/03 同志社大学大学院 総合政策科学研究科 公共政策コース 博士課程修了
■ 資格・免許
1. 総合旅行業務取扱管理者(06-5569)
■ 現在の専門分野
観光学, コンテンツツーリズム研究, 文化政策 
■ 著書・論文歴
1. 著書  コラム 京都修学旅行の魅力 (共著) 2016/03
2. 著書  第7章3節 旅程作成支援の方法 (共著) 2016/03
3. 著書  44講 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ーコンテンツを契機とした常在文化の定着 (共著) 2015/08
4. 著書  57講 地域の観光・文化政策における旅行者の役割 (共著) 2015/08
5. 著書  第4講 消費型観光の限界と地域社会のディレンマ pp.48-61 (共著) 2015/08
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 2017/03/25 「「ものがたり創造」による新しい文化の定着 -京都府宇治市を事例に」(第10回日本文化政策学会年次研究大会)
2. 2016/03/06 コンテンツツーリストによる伝統的祭礼の活性化ー埼玉県秩父市を事例に(日本文化政策学会第9回研究大会)
3. 2015/11/22 京都府宇治市におけるアニメ『響け!ユーフォニアム』に関わる観光現象について(第3回コンテンツツーリズム学会論文発表大会)
4. 2014/12/07 旅行者が関与する地域の文化政策の可能性(日本文化政策学会第8回年次研究大会)
5. 2013/07 アニメ聖地における地域文化への共感の形成(観光学術学会第2回大会)
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2017/03 「インバウンド施策のあり方と課題」(京都教育大学附属高等学校)
2. 2017/02 「「聖地巡礼」の意味を考える-観光社会学から見た『響け!ユーフォニアム』巡礼」(京都文教大学)
3. 2017/01 「観光マーケティングと商品造成のポイント」(瀬戸内市長船町公民館)
4. 2017/01 「地域資源の磨き上げワークショップ」コーディネーター(瀬戸内市長船町公民館)
5. 2017/01 「各地のアニメ聖地の取り組み紹介」コーディネーター(吉野山ふるさとセンター)
全件表示(24件)
■ 科研費・受託研究等外部資金による研究活動
1. 2015/04~2016/03  宇治3商店街の抱える課題の明確化と活性化に向けた方策の検討 機関内共同研究 (キーワード:商店街、活性化)
2. 2014/03~  宇治・伏見地域の観光資源開発と地域振興 機関内共同研究 (キーワード:観光振興、コンテンツ)
3. 2013/04~2017/03  観光まちづくりと地域振興に寄与する人材育成のための観光学理論の構築 科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金(基盤研究C・一般) 
■ 授業科目
1. 観光ビジネス論
2. 観光学概論
3. 観光政策論
4. 総合社会学演習Ⅰ
5. 総合社会学演習Ⅲ
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 2007/04 日本観光研究学会
2. 2010/04 日本都市計画学会
3. 2012/04 観光学術学会
4. 2012/10 コンテンツ文化史学会
5. 2012/10 日本文化政策学会
■ 委員会・協会等
1. 2016/01/01~2016/03/31 和束町自転車利用促進実施計画策定委員会 委員長
■ 社会における活動
1. 2012/03 第5回『町並み保存からアニメツーリズムまで』 ―全国の観光まちづくりから、福知山を考える―
2. 2012/03 福知山市「~大学のあるまちづくり市民公開講座~ 2011年度成美市民大学」
3. 2012/04~2014/03 一般財団法人地域公共人材開発機構 コーディネーター
4. 2012/04~2013/03 平成24年度 文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」の「地域の文化や風土に根差したコンテンツを活用した観光振興のための地域協働プログラム」についての調査
5. 2012/04~2013/03 平成24年度(成美大学所属) 「アニメがまちを元気にした!」「観光って何?」KTC中央学院(1~3学年) など計10回実施
全件表示(29件)