教員情報
     


  タケナカ ヤスユキ   TAKENAKA Yasuyuki
  竹中 康之
   所属   人間科学部 食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2001/01
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Designing of an orally active peptide with anti-analgesic and anti-amnesic activity.
執筆形態 共著
掲載誌名 Peptides
巻・号・頁 22(1),pp.25-32
著者・共著者 Jinsmaa Y, Takenaka Y, Yoshikawa M
概要 補体C3aは脳室内投与により抗鎮痛および抗健忘作用を示す。しかし、経口投与では活性を有しない。そこで、米アルブミンから派生する補体C3aアゴニストoryzatensin(GYPMYPLPR)を基に、経口投与でも有効なC3aアゴニストをデザインした。OryzatensinのC末端5残基に相当するYPLPRのN末端の残基を置換したWPLPRは強力なC3a活性を有し、経口投与で抗鎮痛および抗健忘作用を示した。

mail