教員情報
     


  タケナカ ヤスユキ   TAKENAKA Yasuyuki
  竹中 康之
   所属   人間科学部 食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2003/07
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Enterostatin (VPDPR) and Its Peptide Fragment DPR Reduce Serum Cholesterol Levels after Oral Administration in Mice.
執筆形態 共著
掲載誌名 Biosci. Biotechnol. Biochem.
巻・号・頁 67(7),pp.1620-1622
著者・共著者 Y. Takenaka, F. Nakamura, T. Yamamoto, M. Yoshikawa
概要 高脂肪食に対する摂食抑制ペプチドとして知られているenterostatin(VPDPR)は高コレステロール食投与マウスに対して経口投与(100mg/kg,3日間)で有意な血清コレステロール低下作用を示した。VPDPRのフラグメントペプチドであるDPRは50mg/kgでも有効であった。なお、これらの条件下では摂食抑制作用は見られなかった。VPDPRおよびDPR投与により糞中への胆汁酸およびコレステロールの排泄が増加した。また、興味深いことにDPR(100mg/kg)の経口投与2時間後に血清コレステロール低下作用が見られた。

mail