教員情報
     


  タケナカ ヤスユキ   TAKENAKA Yasuyuki
  竹中 康之
   所属   人間科学部 食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2008/04
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Enterostatin (APGPR) suppresses the analgesic activity of morphine by a CCK-dependent mechanism.
執筆形態 共著
掲載誌名 Peptides
巻・号・頁 29(4),pp.559-563
著者・共著者 Y. Takenaka, T. Shimano, Y. Yamada, M. Yoshida, K. Ohinata, M. Yoshikawa
概要 ヒト型のエンテロスタチン(APGPR)は、内因性のペプチドであり、摂食調節作用等を有することが知られている。APGPRはモルヒネによる鎮痛作用を有意に抑制した。この抗鎮痛作用は、コレシストキニン(CCK)レセプターにAPGPRが結合するのではなく、CCKの放出を介した作用であることを見出した。

mail