教員情報
     


  タケナカ ヤスユキ   TAKENAKA Yasuyuki
  竹中 康之
   所属   人間科学部 食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2010/12
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Subunit structure and functional properties of the predominant globulin of perilla (Perilla frutescens var. Frutescens) seeds.
執筆形態 共著
掲載誌名 Biosci. Biotechnol. Biochem.
巻・号・頁 74(12),pp.2475-2479
著者・共著者 Yasuyuki Takenaka, Yasuhio Arii, Hironori Masui
概要 エゴマ(シソ科)種子の脱脂粕は約40%のタンパク質を含み、アルブミンが11%、グロブリンが84%を占めた。エゴマタンパク質は、リジン以外の必須アミノ酸をバランスよく含んでいた。主要グロブリンは分子量が約340,000と推定され、分子量31,000~34,000の3種類の酸性サブユニットと、分子量23,000~25,000の4種類の塩基性サブユニットが、ジスルフィド結合により1:1に会合した、分子量54,000~59,000の3種類の中間サブユニットからなる6量体と推測された。エゴマグロブリンは、加熱によりゲル化し、ゴマ(ゴマ科)のα―グロブリンと同程度の固さにも関わらず、保水性に優れていた。

mail